スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl レビュー

チェルノブイリお散歩FPS


・みなぎるロシア臭
・重量制限があり、このシステムによって自由度が拡がっている。
・イイ味出てるサバイバル感
・MODでかなりゲームが変わる
・使用する弾薬の種類が豊富でよりリアルな雰囲気を味わえる

・クリーチャーorホラー?があまり好みじゃなかった
×
・サブミッションが面白くない

2100円ぐらいで購入。
序盤をちょっとさわって詰んであったが、Banditを駆除したところから一気にはまりだした

荒廃したロシアに蔓延るスタルカーたち。
その中の一人として生きるサバイバル感はかなりイイものがある。
重量制限システムは金を稼ぐためにアイテムを拾うには不便、
必要最低限のアイテムさえ難しい、補給がめんどくさいと否定的な意見も多いが、
銃の持てる数、弾の持てる数を制限する壁から脱出できたのは
間違いなく重量制限のおかげであろう。
持とうと思えばアサルトライフルを何丁ももったり、
メイン武器の弾を1000持つこともできる
ただそうすれば、その重量分何かを削らなければ満足に移動できないので
このへんがイイ感じのサバイバル感を生み出している

ただ、弾に関してはやや持てすぎ(軽すぎ)の感がある。
これはそうでもしないとゲームを進めていけないからであるが
それならそこら辺に歩いてるモブから物々交換できるとか
そういった面で調整するべきだったとおもう
もっとも敵の銃、弾は回収できるので現地調達すればいいと割り切ればいいのかも

ゲームの進行は自由度の高いマップをうろつきながら、メインクエストをクリアしていく
問題なのはサブクエストが似通っていてお使い的でありあまり面白くないことである
誰々を殺せ、何かを持ってこい、などばっかりだ。
いくら自由度が高くても、サブクエストがつまらなくてはしょうがない
メインシナリオではいろんなところに進入したりと中々面白いものがあるので
それを応用したものを入れてほしかった。

クリーチャーやホラー要素に関してはいまいち
荒廃した世界とホラーは合うかもしれないが
なんだかんだでスタルカー同士の抗争に関わってたほうがおもしろかった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。